本が好きな子供にしたい!~絵本から文庫本へ~【子育て】

子育て・教育

※この記事は管理人の母親が書いています。

本が好きな子どもは、頭のいい子が多いと思っています。なぜなら、人から教えてもらわなくても知識が入ってくるからです。本をたくさん読ませるにはどうしたらよいか、本を読むことが苦痛ではなく、楽しいことだと思えることが大切です。いかにして本好きの子どもに成長していったか、段階を追って紹介します。

第1段階 本と触れる(1歳~2歳)

まずは本とふれあいましょう。1歳や2歳では絵だけの本でいいと思います。ブーブ、マンマと片言の時に一緒にみて話かけてあげましょう。

赤ちゃんことばで語るのはよくないということをいう人もいますが、何でもいいと思います。親が話かけてくれることは、うれしいものです。

またこの頃は、なんでも舐めて汚してしまう時期なので、いくつかの本を購入し、汚れを気にすることなく、何度も繰り返し見れるように手元おいておきましょう。

第2段階 読み聞かせをねだる(3歳~8歳)

文字が読めない時期から、絵本を読んであげることです。最初は少し短めのものからはじめ、飽きる前にやめること、読み聞かせが嫌いになってしまったら本を好きになるでしょうか。強要せずに時間をつくって少しずつ読んであげましょう。

3歳くらいの小さい子どもに読み聞かせをする時、長い本は読み聞かせに向かないと思っていませんか。そんなことはありません。寝る前に布団に入り、毎日少しずつ読んであげると、続きを聞きたがり、楽しみになるものです。

ここまでくれば第2段階は成功です。また図鑑を何種類か買いました。値段も高くかさばるのですが、借りなかったのは、気になった時にすぐ調べられるからです。

第3段階 文字を学ぶ(3歳~4歳)

自分から本を読もうとしても、文字を知らなければ読むことはできません。是非、手作りの50音表を作ってください。

市販のものは、知らない絵が書いてありますが、手作りのものはその子が知っている絵で作ることができます。文字を教えてなくても、50音表があることで勝手に学んでくれます。

手作りの表は、普段口にしている言葉がこの字なのだと確認できるのです。4歳のときにはスラスラとひらがなを読んでいました。

第4段階 自分で絵本を読む(4歳~)

時間があれば、図書館に行きましょう。絵本を何冊も借りて、たくさんの本に触れる機会をつくってあげましょう。

この時期はまず好きな本を自分で選ばせ、その中に読んでほしい本をこっそり入れて借りることです。図書館にいる時は興味がなくても、家に帰り時間があれば読むからです。

読まなければ無理して読ませる必要はありません。興味があるものを読むことが一番で、少しだけ視野を広げる手伝いをする程度でいいと思います。

また、定期講読で本を頼んでいました。定期購読用の本は、店頭で販売されているものと比べ、紙の質や製本が違い、その分安価にできています。しかし、中身は一緒です。親子で選ぶ本は、偏ったものになってしまうため、ランダムに送られてくる本はとてもよかったです。

第5段階 長文を読む(6歳~7歳)

子どもが興味をもっている遊びに関連した本を選びましょう。子ども向けでなくてもかまいません。また、物語や図鑑などに限定せず、広い範囲の本を紹介してみましょう。

ポケモンゲームが流行った時期がありました。時間があればゲームばかりしていました。そこで、攻略本を購入しました。もちろんゲームを進めたいので、読まなければなりません。かなりの長文でも読むようになりました。

ゲームの良し悪しに賛否が分かれるところではありますが、うまく扱えばゲームはとても良いものだと思います。ゲームはかなり頭を使い、友人との関係性も育ててくれるものです。

ただし、ゲームをとめどもなく自由にやらせることはよくありません。遊ぶ時間など子どもとよく話し、ルールを決めることは必要です。これほど長時間、集中して取り組めるものに出会えたことは、いままでになかったと思います。

第6段階 絵本から児童書へ移行する(6歳~10歳)

絵本から卒業し、文字が多めの児童書を図書館で借りて、子どもに薦めてみましょう。一緒に図書館に行く機会も減ってきますので、勝手に借りて家に置いておくだけでいいと思います。親が読んでほしい本ではなく、子どもが好きそうな本を選ぶことが重要です。

できれば単発のものではなく、シリーズものの方がいいと思います。万人が面白いと思うからシリーズ化されているのです。一つ読んでみたら、次々と読みたくなり、借りてきてほしいとお願いされるでしょう。読んだものは「かいけつゾロリ」「マジックツリ-ハウス」「ズッコケ三人組」などです。

そして7歳の時に「ハリーポッター」を読ませてみようと思いました。とはいえ、急にあの厚みのある細かい本を渡して読むとは思えなかったのです。そこで、最初は私がすべて読み、あらすじを少しだけ話して、興味を持たせてから薦めてみました。小学校1年生の時に読むことができました。

そのあとは「ダレンシャン」「デモナータ」「ドラゴンライダー」などのかなり厚めの長文の本に移行していきました。

第7段階 児童書から一般書文庫本に移行する。(10歳~)

児童書からの脱出が、今後も継続して本を読めるか否かの大切な時だと思います。なぜかといいますと、小学校4年生くらいの子どもが、図書館の児童コーナーから大人がいる一般書コーナーへ行くでしょうか。よほどの興味がある本と出合わなければ、行くことはありません。

まず子どもの好きなファンタジー系の大人の本を紹介して、次へのステップを踏ませていくことにしました。宮部みゆき著「ブレイブストーリー」です。そのあとは重松清著「エイジ」「ナイフ」「十字架」など、児童書に近いものです。大人向けの本はいやらしい表現などもあり、一度読んでから紹介したほうのでしょうが、そこまで私自身にゆとりがなく、適当に紹介したり、子どもが勝手に借りて読んだりしていました。

その後、東野圭吾著もいくつか読んでいます。中学生以降は一人でブックオフによく行っていたようです。マンガ本を含め、あらゆるジャンルの本を読んでいます。文芸書に限らず、興味がある「気象の本」「鉱石の本」などさまざまです。新書もよく読んでいました。

コメント・質問