東大生おすすめ!「 物理のエッセンス」の特徴とその使い方

物理

物理を勉強する多くの受験生に使われている「物理のエッセンス」。

多くの人に使われているのにはやはりそれだけの理由があります。

僕も受験生の時に使いました。とても使いやすく、初めて物理の参考書を買う人にオススメです!

物理のエッセンスについて

概要

科目物理
出版社河合出版
目的基礎事項や解き方の理解・問題演習
難易度教科書〜センターレベル
分量・問題数力学:7項目で114問

波動:5項目で70問

熱:2項目で33問

電磁気:7項目で95問

原子:3項目で40問

使用期間既に習ったことがあるなら1冊につき1ヶ月以内

完全な初心者なら1冊につき3ヶ月

河合塾が出版している、物理の基礎を学ぶための参考書兼問題集です。

「解説→例題→問題演習」となっているので、初めての人でも安心して勉強を進めることができます!

物理を勉強するなら、とりあえずはじめに持っておいて損はありません。

「力学・波動」で1冊、「熱・電磁気・原子」でもう1冊にまとめられており、2分冊になっています。

使用目的

  • 教科書で説明が省かれている、最も基本的なことや、物理の感覚的な理解を学ぶため
  • 問題をどうやって解くかの定石を学ぶため
  • 学んだ解法で、実際に問題演習をするため

はじめての参考書として使います。

新しく習った単元などは、この参考書で解き方を確認し、問題演習を通して定着させると良いでしょう!

難易度

  • 教科書〜センターレベル

教科書で3~7までのことが述べられているとすれば、簡単な部分である1〜2のことや、問題を解く上で重要な8〜10のことは書かれていません。

物理のエッセンスでは、この1〜2と8〜10の部分に焦点を当てて書かれています。教科書だけでは不十分なところを補うことができるのです!

対象者

  • 新たに習った単元がある人
  • まだ習ったことのない単元がある人
  • 物理の参考書をまだ買ったことがない人

ある単元を習ったら、まずは「物理のエッセンス」を使いましょう。一番初めに使う参考書としては、これ以上のものはないと思います。

物理のエッセンスの特徴

最も基本的なこと・感覚的な理解のための解説

教科書に足りないのは、根本的な物理への感覚を養うための解説です。

初学者にとって物理の敷居が高いとされるのは、この物理への感覚的な理解がなかったり、もっとも基本的となることがわかっていなかったりするからです。

教科書では省かれていることに焦点を当てているので、簡潔でも有用な参考書となっています。

以下の力の図示の方法のように、基本的なことでもつまずきやすいポイントを解説してくれています。

解くための解法や定石がわかる!

「物理のエッセンス」には、教科書の公式を理解するための解説だけではなく、問題を解くために公式をどのように使うのか、までを書いてくれています。

教科書などで公式を覚えるだけでは問題は解けるようにはならないのが、理系科目の特徴でもあります。どのように公式を使うか、どの状況ならその公式が使えるか、などまで把握しなければならないのです。

下の画像を見てもらえればわかると思いますが、かなり分かりやすく解き方の方針を書いています!

物理のエッセンス 解き方

物理のエッセンスの使い方

まず解説を読もう!

はじめに、勉強する範囲の解説をじっくり読んで下さい。

教科書では省かれていた部分の解説が充実しているはずです。感覚的な理解を深めるための解説や図に加えて、問題の解き方まで詳しく述べられています。

特に凄いのは、「できる人にとっての当たり前」をしっかり解説していることです。この部分は、初学者にとってつまづきやすいポイントでもあります。

物理のエッセンス ポイント

教科書の該当範囲を読もう!

物理のエッセンスは教科書にない部分に焦点を当てて説明しています。つまり、教科書がなければ完全な説明とはなりません。

物理のエッセンスの解説を読んだら、並行して教科書の該当する部分を読んで下さい。

教科書は余分なことを書いていることも多いので、全部を読む必要はありません。

あくまで、物理のエッセンスの補足と思って読むと時間の節約にもなります。

最後は問題演習!

解説をじっくり読んで理解したら、いよいよ問題演習に移っていきます。

まず気をつけて欲しいのは、解き方が分からなければ、その度に前に戻って確認して良い、ということです。

なぜなら、ここでの目標は、 理解した公式を問題演習を通して使うことにより、さらなる定着を図ることだからです。

また、問題が解けなくても気にする必要はありません。すぐに解答を見てしまいましょう。

今どれだけできるかよりも、新しくどれだけ理解や定着ができたかが、この段階では重要なのです。難しい問題もあるので、全てを解ける必要はありません。どんどん問題を解いていって物理に慣れて下さい!

 

物理の勉強法についてはこちら↓

偏差値70が取れるようになる物理の勉強法とオススメ参考書
独学で偏差値70が取れるようになる物理の勉強法を徹底解説します。

コメント・質問