放っておいたら賢い子どもは育たない

子育て・教育

親の学歴が高いと子どもの頭がいいって本当?

確かに周りの人々を見ると、学歴の高い親の子どもは頭がいい子が多いようです。それって遺伝でしょ。と、簡単に片づけてしまう人がいますが、決してそうではないと思います。我が家の親戚に東大卒の人はいません。もちろん私たち両親もです。学歴の高い親は、自分が育ったように子どもを育てているだけなのでしょうか?

頭のいい子は遺伝?DNA?それよりも親の意識や環境が大切!
頭の良さは遺伝なのでしょうか?頭のいい親が、自分が育った環境と同じ環境で、子どもを育ててきただけかもしれません。環境を整えてあげることがとても大切です。それには親の意識改革が必要だと思います。

環境を整えてあげることがとても大切だと思います。子どもの興味があることの手助けをしたり、興味がもてるように仕向けていくことが頭の良い子を育てていく第一歩です。

放ったらかしの環境でも、子どもは周りの環境に影響され勝手に育っていくでしょう。でもその周りの環境がどんな環境かが重要です。子育てに無関心の親の子どもと、自分の子どもが違うことにそのうちに気づかされると思います。親も子育て意識の高い友人と付き合うことをお勧めします。意識が高い親の子どもは賢い子が多いです。

子どもを夫婦で育てていますか?

子どもを夫婦で育てていくことはとてもいいことだと思います。なぜなら、子育てに悩んだ時に、違う意見が聞けるからです。そして、ある程度の子育ての方針は二人で考えることが大切です。なぜなら、子育てには莫大なお金がかかるからです。同じ方向を向いていなかったら、揉めてしまい、最終的に子どもが被害者になります。

夫婦で一緒に子育てし、一人で子育てしない環境をつくることは重要です。

我が家の場合、夫の仕事が忙しく、乳飲み子を抱え、一人で何でもしなくてはなかった時は、精神的に追い詰められてよくありませんでした。はじめての子育てでどうしたらいいのか、誰に相談したらいいのか、戸惑うことが多かったです。

しかし、同じようなママ友と悩みを相談することができるようになり、本当に困った時や、迷った時にだけ夫に相談し、あとは自由に子育てができたのでよかったかもしれません。

夫は子育てに関しては私の意見を尊重してくれましたし、のちに中学受験をさせたいという夫の意見に共感して、塾に入れることにしました。最近の傾向をみると子育てに積極的な男性が多いようです。若いお父さんが、生後間もない幼い子どもを抱っこ紐で抱えている姿をよく見ます。

保育園の送り迎えを、お父さんが積極的にしている家庭も見られます。共働きの家庭が増え、女性のみが子育てをしなければならない環境が変化してきたことは、喜ばしいことであると共に、父親の子どもへの教育熱心さが心配でもあります。二人でよく話あって、納得した子育てをしてほしいです。

興味のあることを認めてあげる

子どもに対して気を付けていたことがあります。それは、子どもから「なぜ?」と言われた時に必ず答えていたとです。必ずしも正解を答えていたわけではありません。わからない時はわからないといいましたが、それについて放っておかないことです。

時には一緒に調べたり、調べる方法を提供してみたり、興味があったものをそのままにしないことです。

それでも、一緒に調べたり、教えることには限界があります。そこで、以前にも紹介しましたが、読書力です。本が好きになると、自然に自分で調べたりするようになります。

どんなくだらないことでも、興味があるなら突き進めばいいと思っていました。それが他の人と違っていたり、変わった子だといわれてもいいと思います。でもなかなか難しいことではあります。

自分の子どもが他の子と違っていれば、おかしいと思うし、同じように育てなければいけないのではないかと考えるからです。東大生に変わり者が多いといわれる由縁は、ここからきてるのではないでしょうか。

子育ての最終目標は?

このサイトを読んでいる方は、子育てに興味がある方だと思うので、子どもに愛情をそそいでいる方がほとんどでしょう。子どもを愛するとは、多少の自己犠牲を伴っても子どものために何かしようということです。子どもを大切に思い、子どもの本当の姿を見ているでしょうか。忙し過ぎて、子どもの気持ちを汲み取る余裕がないこともあるでしょうが、子どもと向き合うことは大事です。

子どもに愛情をかけてあげれば、子どもにも必ず伝わります。愛されている実感のある子どもは、精神が安定しています。

頭をよくしよう、勉強ができるようにしようという前に、子どもの精神が安定していなければ何もできません。

ただし、過保護にしろといっているわけではないので、そこは勘違いしないでください。子どもの行動をすべて把握し、友人関係にまで口をだし、挙句の果てにその友人または親や先生にまで文句をいいだしたら、ただのモンスターペアレントになってしまいます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は hands-105455_640.jpg です

子育てには、いつか終わりがきて、独り立ちさせなければならない時期がきます。

子どもを自立させることが最優先課題です。

小さいうちは、親がすべて把握して見ていくのは当たり前ですが、幼稚園や学校などの集団生活に入ったら、子どもの世界に土足で入り込むのはやめましょう。また、自分の子どもを過剰評価し過ぎて、すべて他人のせいにしていくことは問題です。子どもは親に、本当のことはいわず、自分の都合がいいように話をすることがあります。我が子が好きすぎて、周りが見えなくならないように注意しましょう。

最終的には自分で考えて行動できる子を育てることだと思います。

勉強はさせるものでも、やらされるものでもなく、本人が必要だと思い、自主的にするものです。

コメント・質問

タイトルとURLをコピーしました