安定の参考書!「やっておきたい英語長文シリーズ」の使い方を解説する

英語

「やっておきたい英語長文」について

科目英語
出版社河合出版
目的長文読解
難易度300:センターレベル

500:標準レベル

700:難関大レベル

1000:難関大レベル

分量300:30長文

500:20長文

700:15長文

1000:10長文

「やっておきたい」のおすすめポイント

レベル別・語数別にまとめた長文問題集

長文のレベルや語数を明確に分けているので、自分の志望大学や能力に合わせたものを選択することができます。

センターレベルの短いものから、一部の大学でしか出題されないような1000wordsレベルの長文まであるので、目的のものが見つからないことはないでしょう。

繰り返し読むに値する、質の高い長文を採用

適当に長文を選んできて、解説をつければ、長文読解用の参考書なんて簡単に作れます。

しかし、そんな参考書を使っても学力の伸びはあまり期待できません。

長文に頻出の表現・フレーズ・単語などが多く盛り込まれていて、他の英文を読む際にも応用できるような、「質の高い長文」を使うべきです。

実際にやってもらうと感じると思いますが、長文の選定がかなり良い参考書です。この参考書がよくおすすめされる理由は、ここにあると思います。

色々と長文の参考書はあると思いますが、選ばれる長文の質はピンからキリまであります。実際に色々とやってみると、質の違いというものが感じられると思います。

問題を全面的に作り変え、身になる問題へ

「ある文章に対して問うべきことは、内容の理解と英語の理解である」という観点から、入試問題を全面的に作り変えています。

これも実際にやってもらうと分かりますが、問題の質がかなり高く、やればやるほど自分の身になる問題がかなりあります。

文章の内容が把握できているかを問うだけではなく、入試でよく問われるような英語の知識の問題なども盛り込まれているので、かなりオススメの問題集になっています。

「やっておきたい」のデメリット・欠点

長文に対しての解説量が少ない

最近できた長文読解の参考書に比べて、長文自体に対しての解説量が少ないです。

設問に対しての解説は豊富なので、設問に関わりのある部分については理解できると思います。

しかし、設問とは関係ない部分の英文で分からないところがあると、文章の構造などが理解できずに苦労するかもしれません。

日本語訳さえわかれば、英文の構造がわかるくらい英文解釈の力がついている人ならば問題ないです。

ですが、そうでない人は、使うのを後回しにしたほうが良いと思います。

CDがついていない

僕は、長文を勉強し初めの頃はCD付きの参考書を使うことをオススメしています。

CDを使って音読などをすることで、英文のリズムや流れを身につけ、英語の盤石な基礎力を養うことができるのです。

「やっておきたい英語長文300」などを使うよりは、CD付きの簡単な長文問題集を使うとよいでしょう。

「やっておきたい英語長文300」

語数200~400語
レベルセンターレベル
分量30長文

比較的短めで、やや易から標準レベルの長文で構成されています。

一文一文の構造を正確に捉えて、長文の内容を把握するために必須の表現を「Point」としてまとめ、基礎的なものから無理なく学習できるようになっています。

ただ、このレベルの長文をやるのだったら、CD付きのものを使ったほうが良いと思います。そこまでおすすめはしません。

「やっておきたい英語長文500」

語数400〜600語
レベル標準〜難関大レベル
分量20長文

最も出題頻度の高い500語前後の長文で構成されています。

内容把握度を問う客観問題から、和訳問題、内容説明問題まで幅広く扱うことで、ほとんどの大学の読解問題に対応できるようになります。

また、設問を解く際の着眼点や考え方、論旨の展開を読み取る上で知っておくべきディスコースマーカーなどを、「Advice」としてまとめてあります。

「やっておきたい英語長文700」

語数600〜900語
レベル難関大レベル
分量15長文

700語前後のやや難〜難レベルの英文15題から構成されています。

難関大学突破のために必要な難易度の長文です。

グローバル化・インターネット・環境・化学など、よく出題されるテーマが網羅されるように英文を選んであり、「Topic」として背景知識の解説も加えてあるので、同様のテーマの長文が出題された時に有利に働くでしょう!

「やっておきたい英語長文1000」

語数900〜1600語
レベル難関大レベル
分量10長文

1000語前後のやや難〜難レベルの英文10題から構成されています。

難易度的には「やっておきたい英語長文700」と変わりませんが、かなり語数が多いので、この分量の英文が出題される大学を受ける人だけがやると良いでしょう。

英文が長くなると、英文自体の難しさが変わらなくても、内容がよくわからなくなったり、解くのが遅くなったりします。

論旨の展開的に重要な情報を正確に読み取り、あまり問題や論旨に関わりのない部分を素早く読む、といった強弱をつけた読み方を学んで、王道の速読法を身につけることがこの分量の長文を解く上で重要です。

それができているか確認できるように、論旨上で重要な情報を「Outline」としてまとめてあります。

超長文問題に対応できる読解力を身に着けたい人にオススメです。

 

この記事を読んだ人におすすめの記事↓

英語長文を速読できるようになる勉強法とオススメ参考書5選!!
英語長文の勉強は適切なタイミングで行わないと効果が半減してしまいます。おすすめ参考書も含めて徹底解説します!

コメント・質問